年中行事表

豆まき 雛祭り 七夕 熊野詣姿

1月

   元日 春日神火祭
古代米あま酒祭
 
  元日~2日 紀州古代墨席上書初会
春日の森新春硬筆書初会
 
  9~10日 戎祭(十日エビス)
 

2月

   3~11日 節分ぶりぶり大祭  
  中旬~3月中旬 ひな巡り(ひなまつり)  
  11日 剣道大会  

6月

   上旬 大塔宮十番頭祭  

7月

   7日 祇園祭
七夕祭
 
  末ごろ 夏祭り  

8月

   1日 短歌・俳句の発表会  
  1~15日 風鈴祭・茅の輪くぐり  

10月

   体育の日の前日 秋祭り  

11月

    七五三詣  
  第一土日曜日 「熊野詣姿になりませんか!」
(平安衣装の貸し出し) 

      毎月1日は月次祭(午前9時~)※元日は午前8時から歳旦祭
RSS

笑顔の紙びな並ぶ くるみ保が春日神社に奉納


-----------[わかやま新報 2017  3/2付掲載]---------------------

海南市井田のくるみ保育園(上野喜代子園長)の園児27人は2月28日、地域の春日神社(三上秀信宮司)に紙製のおひなさまを奉納した。
 紙のおひなさまは、15日まで同市で開催中の「紀州海南ひなめぐり」に合わせ、同神社が独自に考案。顔の部分が空白になっており、自由に表情を描き込めるようになっている。同神社で先着300セットを配布している。
 三上宮司は「持って来てくれたおひなさまは、みんな笑顔で素晴らしい。楽しいことがいついつまでもありますように」と祝詞を奏上し、子どもたちの健康を願った。
 どれも眉や目、口が柔和な印象に仕上げられ、中にはウインクしたものも。さっそく拝殿につるされ、二つの紙びなはゆらゆらと仲良さそうに揺れていた。大場光尉君(6)と黒原由葵ちゃん(6)は「色鉛筆で、かわいくできた」「笑顔のおひなさまとお内裏さまになるように描いた」と話していた。
 15日まで境内に飾った後、子どもたちに返却する。

2017-03-02 10:12:50